おみやげにピッタリの撥水風呂敷

日本独特の布文化である風呂敷にはさまざまな
使い方があり、普段使いだけでなくインテリアに
利用したりと、便利でおしゃれなアイテムとして
大変人気があります。

撥水風呂敷は、水をはじき濡れない撥水加工の
技術を施した新しさと、さまざまな用途に使える
大変優れた風呂敷として注目されており、
おみやげにピッタリです。

風呂敷の表裏ともに撥水加工されているので、
水がかかると水玉となり表面を転がって
滑り落ちていきます。

不意の雨から大切な荷物やバッグを守ったり、
時には傘代わりとして使うこともできます。

エコバッグとして使えば、冷たい物から出る
結露や液体がこぼれるのも気になりません。

マリンスポーツや温泉旅行などで濡れた衣類や
小物類を包むのにも大変便利です。

またテーブルクロスやランチョンマット、
食事中の膝掛け、レジャーシートとしても役立ちます。最新技術

撥水加工は防水加工と違い水をはじきますが、
空気は通すという通気性があります。

そのため水を入れてぎゅっと絞ればシャワーのように
水を降らせることもできるという驚くべき性能もあり、
じょうろの代わりに植木などに水をやることもできます。

風呂敷はたくさんの結び方があり、お弁当やペットボトルを
包んだりバッグ状にしたり、おしゃれなラッピングにも
使えます。様々な場面

またティッシュケースカバーや
ファブリックパネルなど
インテリアのアクセントとしても
利用できます。

撥水風呂敷は、今までの風呂敷の
使い方以上に幅広いシーンで使うことが
できる大変優秀で魅力的な商品です。

撥水風呂敷は伝統的な和柄にとどまらず、
ポップで大胆なデザインややさしい色合いの
かわいらしいもの、さまざまなモチーフを
使ったものなどデザインの種類も豊富です。

男女問わず使えるためおみやげにぴったりです。

海外の方へおみやげとしても喜ばれる商品です。
贈る方の好みや生活スタイルを想いながら
選ぶのも楽しい時間です。

撥水風呂敷の豊富で優れた使い方を伝えながら
プレゼントしてみてはいかがでしょう。

コンテナカバーを風呂敷で個性豊かに

昔から物を包んで持ち運んだり、収納したりするために
使われてきた風呂敷。

現代ではより柔軟な使い方がされています。
そのひとつが、コンテナカバーとして使うという方法。

お花や観葉植物などが植えられた鉢を包んで、インテリアになじむ
オシャレなアイテムに変身させることができるほか、
個性的なギフトとしても利用できるでしょう。おしゃれに彩る

植物が植えられている鉢を包むのは大変そうに
感じるかもしれませんが、コツをつかめば
それほど難しいものではありません。

以下の包み方は、さまざまな鉢のコンテナカバーに使えます。
準備として、風呂敷の角が手前に来るように斜めに広げます。

その中央に鉢を置くのですが、水遣りをしたときに
染み出さないように鉢を覆う程度の大きさの
ビニールかセロファンを敷き、その上に鉢を置くとよいでしょう。

まず、鉢の後部にくる角を、鉢の高さに合わせて折ります。
次に、左右の角を持って鉢の前で結びます。

視界に入る場所なので、結び目を綺麗に作りましょう。
その後、前方の角を引き上げ、結び目と鉢の間に通します。個性的なギフト

鉢の高さに合わせて折り返し、結び目と鉢の間に挟みこみます。
ひだを綺麗に作り、全体的に形を整えれば完成です。

コンテナカバーに使う風呂敷は、和風の柄ものでも、
無地でも、現代的なものでも花によって合わせられます。

特に、コチョウランやデンドロビウムなどの洋ランとの
相性が良く、個性的なラッピング代わりに風呂敷を使い、
そのまま贈り物にしても素敵です。

アートな風呂敷で大容量バッグに

雰囲気を醸し出す風呂敷は、元々銭湯に出向くのに、着替え一式を
包んで持って行くのに利用したものでした。

時代が下った現代の普段使い用のバッグのようなものだったのです。

しかし、従来の物と違って、慶弔用のふくさとして利用したり、
お遣い物を持って行くのに包んで使う高級な物となってしまいました。

しかし、風呂敷を日常的使いに適する入れ物として、
昔に戻すような動きが出てきています。

海外の方に取り上げられたり、若い方の感性で工夫されたりして、
結び方や持ち手等を工夫し、たくさん物が入るバッグとして
生まれ変わろうとしています。

リング状の持ち手に両端を結べばイチゴ型の袋にもなりますし、
革ベルトの両端にD型の金具が付いている持ち手に、
両端を挟み込めば、球形に近い可愛らしい袋としても持ち歩けます。

例えば、テレビドラマや漫画などの影響で、緑の唐草文様の風呂敷は
泥棒が使う物として認知されていましたが、紺や黒、赤等の色にしたり、
唐草文様を小さめにしたりして、レトロモダンな雰囲気を
醸し出すようになっています。重宝される

結び方も、箱を包むように対角線上の頂点を中心に結ばずに、
平行に結び合わせて持ち手のように工夫し、肩にかけて
持ち運べるようになっています。

シンプルな柄だけでなく、お祝いで用いられるきらびやかな柄の物も、
現代風に写真やCGでデザインされた幾何学模様の柄も
立体的に結んで持つだけでお洒落なバッグになります。

最も用いられるサイズの約1m四方の物であれば、
普段は畳んで持ち歩き、荷物が多くなった時に
使えるのでかさばることもありません。

現代の生活に風呂敷をお洒落に取り入れる

風呂敷はシンプルでありながら、いろいろな使い方ができる
便利なアイテムでもあります。持ち歩きやすい

どちらかというと古い時代のものという印象があり、
使ったことがないという方も多いでしょう。

しかし、シンプルで多様な活用方法ができるということが
現代の生活にぴったりで、しかもおしゃれに彩る
ということにつながっていきます。

まず、これまでと同じように荷物をくるんだりするという形で利用してみましょう。

手土産などを包んで持ち歩けばオシャレです。
取っ手を結べばバッグになり、ファッションの一部としても活用できます。

さらに、シーズンオフの洋服などをまとめて包んでおき、
収納しておくという事もできます。おしゃれなアイテム

見た目がすっきりするうえ、ほこりなども
付きにくくなるというメリットがあります。

部屋の中で見えるところに置くのであれば、素敵なデザインの
風呂敷にしておけばインテリアのアクセントにもなります。

また、目隠ししたい部分にかけてしまい、
カバーしていくという使い方もできます。

また、必要なところにつるしてのれんのように使ってみてもよいでしょう。
テーブルクロスなどとしても活用できます。

また、スカーフやストールのように身に着けて利用することもできます。
寒いときにはおって軽い防寒グッズとしても利用する音ができるでしょう。

このように、日常生活の中にオシャレに取り入れることができる
風呂敷ですから、気軽にいろいろな使い方をして楽しんでいきたいものです。