手提げかごを風呂敷でアレンジ

手提げかごはナチュラルな雰囲気があり、インテリアとして
飾ることもできますし、バッグとして持ち歩くこともできます。

しかし、そのままでは他のかごバッグと同じような印象があります。
そんなかごバッグをアレンジして現代風のおしゃれな感じに
したいという時に風呂敷があると便利です。活用のコツを掴む

風呂敷というと、着物に合わせるイメージが強くありますが、
実は結ぶだけでバッグ代わりになったり様々な形のものを
包むことができる便利なものです。

しかも、最近は現代風の柄や色合いも多くあるので、インテリアや
ファッションに合わせたアレンジに使えます。

普通の手提げかごも風呂敷で包むだけで華やかな
かごバッグにすることができます。

包み方も簡単です。
まず、裏を上に広げた中央にかごを置きます。

そして四隅の一つだけをかごにかけて底まで沿わせます。
この時、そして、その対角の隅も同様に底に沿わせるようにして
かごの形が現れるようにします。

この時に手提げが現れるようにします。
そして残った二つの隅を手提げの根元で結んで上向きにします。合わせやすい

そして二つの端を縁の根元からねじって手提げに
巻きつけるようにして両者を真結びにすると完成です。

そして何枚か柄や色合いの違うものを持っていると、
ファッションに合わせて変えることで違うバッグのように
使うこともできます。

このように風呂敷があると、いつもの手提げかごを
アレンジしておしゃれなバッグにすることができます。

しかも洗ったり他の布地に変えて印象を変えることもできるので便利です。