コンテナカバーを風呂敷で個性豊かに

運ぶ

昔から物を包んで持ち運んだり、収納したりするために
使われてきた風呂敷。

現代ではより柔軟な使い方がされています。
そのひとつが、コンテナカバーとして使うという方法。

お花や観葉植物などが植えられた鉢を包んで、インテリアに
なじむオシャレなアイテムに変身させることができるほか、
個性的なギフトとしても利用できるでしょう。

植物が植えられている鉢を包むのは大変そうに
感じるかもしれませんが、コツをつかめば
それほど難しいものではありません。

以下の包み方は、さまざまな鉢のコンテナカバーに
使えます。準備として、風呂敷の角が手前に来るように
斜めに広げます。

その中央に鉢を置くのですが、水遣りをしたときに
染み出さないように鉢を覆う程度の大きさのビニールか
セロファンを敷き、その上に鉢を置くとよいでしょう。

まず、鉢の後部にくる角を、鉢の高さに合わせて折ります。
次に、左右の角を持って鉢の前で結びます。

視界に入る場所なので、結び目を綺麗に作りましょう。
その後、前方の角を引き上げ、結び目と鉢の間に通します。

鉢の高さに合わせて折り返し、結び目と鉢の間に挟みこみます。
ひだを綺麗に作り、全体的に形を整えれば完成です。

コンテナカバーに使う風呂敷は、和風の柄ものでも、
無地でも、現代的なものでも花によって合わせられます。

特に、コチョウランやデンドロビウムなどの洋ランとの
相性が良く、個性的なラッピング代わりに風呂敷を使い、
そのまま贈り物にしても素敵です。

ラッピング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)