社会消費を維持しながら楽しむサステナファッション

持続可能なゴールを目指すSDGsが話題となっています。
ファッションにおいても例外ではなく、見た目や流行りだけの理由で廃棄されるものが多く、問題となっています。

そんな問題を解決するために考えられるのが、サステナファッションです。

何度でも使い続けられる風呂敷などもその中の一つです。いろいろな形に変化し、包み込むから結んだりくるんだりしていろいろな形の物に対応することができます。

エコバッグの風呂敷を持ち歩く

一つ持っているだけで、さまざまな場面で利用可能な点がマイバッグとは違った魅力があります。

またファッションに使われる材料を再利用する再生糸という考え方も、環境に優しい取り組みとして推奨されています。
着なくなった衣類を焼却するのでは、二酸化炭素の排出につながってしまう恐れがあります。

もう一度素材として生まれ変わらせることで、持続可能なファッションを楽しむことが可能となります。

シンプルな形の風呂敷は、作りやすく素材に依存しないためとても適したものと言えます。
防水加工が施してあれば、汚れても洗うことができるので安心です。

捨てることが少なくなれば、それだけ長い間利用することができるので、環境に優しい取り組みと言えます。

エコイスト風呂敷は再生糸利用で環境に優しい

エコイスト風呂敷は再生糸を利用した製品です。古くなったり、売れ残った衣類は燃やすしか処理方法がありませんでしたが、再利用という考えを取り入れることで、社会消費を維持しながら環境を守るという取り組みに役立つことができます。

また、ペットボトルなどを利用した糸で作り出すこともできるので、防水性に優れた強い素材で、長く使える製品を生み出すことが可能になります。

なんと言っても風呂敷の利用方法の幅広さが、更に使いやすく長い間使い続けるのに適したファッションと言えます。2つに畳んで物を包み、端を結ぶだけでエコバッグのように利用することも可能です。

風呂敷の変化

長いものでも巻きつけて包み紙の代わりとして利用する事もできます。
どのような形状のものでも使うことができるのが風呂敷の良いところで、使い方さえわかれば無限の利用方法が存在します。

エコバッグでは、入らないものが存在するので結局レジ袋をもらってしまうことに繋がります。
風呂敷はそのようなもったいない状況を解決できるアイテムです。

小さく畳んでおけば持ち運びにも便利で、じゃまになりません。
使いたいときに適当に形を替えることができるのでとても便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)