一升餅を風呂敷で運ぶ行事の由来は?

数ある日本の行事の1つである一升餅は、1歳の誕生日のお祝いとして行われます。これから成長していく上で、健康で元気に育つことを祈る行事です。

風呂敷に包んで背負わせる餅は、昔の単位である一升すなわち約1.8kgの餅米です。餅米からお餅の状態にするため、目方は少し重くなりおよそ2kgにもなります。

風呂敷に包んでお餅を運ぶという由来は、一升という数字と同じ音読みである一生が掛かっています。つまり愛する我が子が、一生食べ物に困らないようにと願いをこめているという訳です。

風呂敷と伝統

またお餅は古来より出産や誕生、お祭りや正月など晴れの日において重要とされる食物です。おめでたい食べ物である餅と合わせて、一生食べ物に困らないことと健康であることの2つの思いがこもっています。

なお風呂敷に包む餅は平たく丸い形状ですが、一生円満に過ごせるようにという願いもあります。健康と健やかな成長だけでなく、将来面での安定も併せて願う行事です。

ちなみに1歳児が自身の体重に近い2kgの量の餅を背負うには、少し重過ぎるのではと思う方も多いでしょう。これにも理由があり、子どもが1歳の誕生日からすみやかに歩き出すのは家を離れるため良くないとする地域があったためと言われています。

歩行に困難な量を背負わせることで、歩みを遅くしてじっくりと成長させる意味合いもあるのではと伝えられています。

伝統行事を受け継ぐために・行事の行い方

古来より受け継ぐ一升餅の行事は、誕生餅や初誕生祝いとも呼ばれています。満1年の誕生日もしくはお正月に行われるのが通例であり、各地域や家庭・親族によって特色が異なる場合もあります。

最も一般的なお祝い方法は、餅を風呂敷に包んでお子さんに背負わせることです。ただ現在は色んなバリエーションが存在しており、風呂敷に包みやすいように小分けのお餅が使われることもあります。

中にはお子さんが背負いやすいようにと、風呂敷の代わりに使う小型のリュックも販売されているためそれぞれの家庭で良い方法を選べば良いでしょう。

なお転ばせ餅という行事が行われる地域では、お子さんの周囲を大人が囲んでそっと受け止められるよう準備した上でわざと転ばせる方法が主流です。転ぶと厄落としになること、加えて転んだまま立てないのであれば長く家に居てくれることがその願いとして込められています。

子供の成長

素足やわらじを履かせて、餅の上に立たせる踏み餅といった行事もありますが、いずれもお子さんの安全を配慮した上で行うのが通例です。

両家や親族の地域で行われていたやり方を聞きつつ、家族全員が楽しんでできるような方法を選ぶと良いでしょう。

納得できるデザインの選び方

レジ袋の有料化が進む中、改めて使い方を見直されてきているツールの1つが風呂敷です。

風呂敷には豊富なデザインがあり、選ぶ際には納得のできるデザインが見つかるまで迷ってしまう方も多いようです。

選ぶのに悩む

そんな風呂敷の柄を選ぶ際のポイントとして、「見立てる」という楽しみ方の意識があります。
一見柄としてまとまりがないように見えるデザインでも、結んでみることで色々な表情を見られる楽しさが風呂敷にはあります。

その表情を、絵画的に楽しんでどう見えるかをイメージしながら楽しむことができるのです。

そのため、デザイン選びに迷った際は、感覚的に心が惹かれると感じるものを選ぶのも良い方法です。
周囲の目を気にして色合いや模様を決めてしまう人もいますが、バッグなどの代わりとして使用するのは自分なので、直感的に好みに合うかどうかで選ぶことが最も重要だと言えます。

伝統的な見た目や人気のデザインであったとしても、自分の好みに合ってない場合は使っているときにワクワクした気分になることができません。

また、季節が感じられるものを選ぶこともおすすめです。
カラーやイラストによるバリエーションが増えているので、これらで季節が感じられるものを選ぶと、そのときに合った風呂敷を楽しむことができます。

季節ごとに使い分けることもできるので、楽しい気分になることができるはずです。

基本的にはこういった見立て方をすれば良いですが、迷うようであれば人の意見を参考にすることもおすすめだと言えます。
どちらを選ぶべきか迷う場合は、風呂敷を自分の身体に当ててみてイメージと合うかチェックしてもらうと、客観的に見て似合うものを選んでもらうことができるでしょう。

自分の意見に基づいた選び方がおすすめですが、迷ってしまう場合は周囲の意見を聞いてみるのもお勧めです。

使う様子を想像してみよう

上手く選ぶことができないと感じるのであれば、使う予定の場面から想像してみることも方法です。
服装や用途に合っていると風呂敷に対する満足度が高くなりやすいので、これを活用するときにどのような服でどのような目的で使用しているか想像してみたり、服のデザインと風呂敷の色合いが合わせやすいかどうかを意識するのも、ファッションとして楽しめるのではないでしょうか。

風呂敷の色と選び方

普段の服装がガーリーなものが多ければ、今風のファンシーなデザイン風呂敷を選んでもよく合います。
綺麗めやクールな恰好が多い場合は、落ち着いたものや洗練されたものが合うと感じるはずです。

お弁当や水筒を風呂敷で包む場合は、基本的に小さなサイズの風呂敷を使うので、派手な色や柄でもしっくりくることが多いです。

また、バッグの代わりなどに風呂敷を使う場合は、ファッション性も意識するため
選び方を間違えると派手すぎるという感想を抱くことになるかもしれません。

このように、それぞれの状況や目的ごとにマッチするかどうか考えてみると良いです。
購入前のもので試すことはできないので、想像力を活かすことが重要だと言えます。

具体的な自分や使い方を想像することができれば、自分に合うと感じる素敵な風呂敷を選べるはずです。
服装や使用する場所によってしっくりくる風呂敷は大きく違っていることを理解し、満足感の高いデザインを選ぶことができるようにしておくと、風呂敷選びで失敗せずに済みます。

風呂敷とファッション

風呂敷といえば、訪問先への贈答品を包んだり、
小さい物だとお弁当を包んだりすることを
想像される方が多いと思います。

風呂敷の一般的な使い方

和装で手に持つことが多いアイテムとして
昔から親しまれてきましたが、プラスチックの
ビニール袋が使われ出してからは、街中で見ることも
少なくなったのではないでしょうか。

しかし、近年では環境問題の観点から、
サステナブルなアイテムとして注目されるようになりました。

ただ単に包むだけではなく、生地感や結び方を
アレンジするだけで素敵なバッグになったり、
包装紙の代わりにプレゼントのラッピングに使えたり、
用途は多岐に渡ります。

また、日本ならではなものということで、
海外の方へのお土産に購入される方からも
人気が出てきています。

そこで、京都の風呂敷メーカーは現代のファッションと
掛け合わせるべく、さまざまな思考を凝らし
ファッショナブルなアイテムを数多く作り出しています。

伝統的なちりめん生地を生かしたシンプルなものから、
現代的で大胆なデザインのものまで、シーンや個性に合わせて
何枚でも欲しくなってしまうものばかりです。

中でも生地の染色自体にこだわったものは
特別なものとして長く愛用できると思います。

形にはまらないデザイン

「京都のれん」の風呂敷で生地がグラーデーションになっているものは特におすすめです。

和物としての独自の美しさに加えて、滑らかな素材感に
透き通るような色のグラーデーションはとても鮮やかで、
他では見つけられない魅力が詰まっています。

グラデーションのある風呂敷

京都のれんの店頭に並んだ商品をみていると、
「何だか持ちたくなる」オシャレなものが
ずらりと並んでいて、使い方を想像するだけで
ワクワクが止まらなくなります。

ご自身で身につけているワンピースや洋服などに合わせても、
ファッションのアクセントになりますし、どんなシーンに
身につけていっても、視線や話題を集めることになってしまいそうです。

デザインの可愛さから、ファッションだけでなく
家の中の一部の彩りにも使用でき、ブックカバーや
テーブルクロスに使用しても華やかに可愛らしく
存在感を出すことができます。

そんな、京都のれんの風呂敷はデザインに対するこだわりも
力強く持っていて、全国から集まった、様々な新しいクリエイターとともに
型にはまらないデザインを作り出しています。

デザイナーそれぞれの個性が光っていて、より自分にあった物を見つけることが出来るのではないでしょうか。

タペストリーとしてそのまま飾れる風呂敷デザイン

風呂敷は日本文化を表した道具の1つです。

今では使用する方も少なくなっていますが、最近になって
その価値や利便性が見直されています。

風呂敷は包む物の大きさや形などに合わせて自在に変形
させることが出来、使い終わった後はコンパクトにたたむ
ことが可能です。

その使い道はまさに多種多様となっています。
そんな風呂敷のデザインの中には使用していない時に、
そのままタペストリーとして使用できるものもあります。

振袖例えば振袖などの着物を包むためのデザインは、着物とよく似たものとなっています。

そういったデザインであればタペストリーとして飾っていてもそれほど違和感はありません。

和の雰囲気を醸し出したい時にはうってつけです。

他には友禅染を使用した風呂敷もあります。季節の移ろいを感じさせる草花を基調としたものや、様々なモチーフを大胆に構成した光悦ちりめん友禅などが人気となっています。

おぼろ晒しと呼ばれる技法で作られた風呂敷も
タペストリーとして使いやすいです。

おぼろ晒しとは不純物を取り除く晒しという工法を
用いるものであり、ナチュラルなムラ感と柔らかい
風合いが特徴となっています。

部屋のイメージをあまり変えることのないタペストリーと
して使用できます。チェックのデザインも使用しやすいです。

オックス、ヘリンボーン、フランス綾などを組み合わせる
ことでポップなイメージを演出することが出来ます。

風呂敷でウェルカムボードをつくろう
他にも動物の絵が入った物や美しいグラデーションの物が人気です。基本的にはどんな柄の風呂敷でも部屋とマッチする可能性を持っています。

重要なのは部屋の雰囲気と合うかどうかということです。

とはいえ、洋風の部屋に敢えて和風のものを用意したり、
またその逆をやってみたりすることは意外な調和を
もたらすこともあります。

色々なものを試してみるのも面白いかもしれません。
もし部屋に使用できなくても本来の用途では使うことが
出来るので、無駄になる心配も特にありません。

おみやげにピッタリの撥水風呂敷

日本独特の布文化である風呂敷にはさまざまな
使い方があり、普段使いだけでなくインテリアに
利用したりと、便利でおしゃれなアイテムとして
大変人気があります。

日本の文化

撥水風呂敷は、水をはじき濡れない撥水加工の
技術を施した新しさと、さまざまな用途に使える
大変優れた風呂敷として注目されており、
おみやげにピッタリです。

風呂敷の表裏ともに撥水加工されているので、
水がかかると水玉となり表面を転がって
滑り落ちていきます。

不意の雨から大切な荷物やバッグを守ったり、
時には傘代わりとして使うこともできます。

エコバッグとして使えば、冷たい物から出る
結露や液体がこぼれるのも気になりません。

マリンスポーツや温泉旅行などで濡れた衣類や
小物類を包むのにも大変便利です。

またテーブルクロスやランチョンマット、
食事中の膝掛け、レジャーシートとしても役立ちます。

撥水加工は防水加工と違い水をはじきますが、
空気は通すという通気性があります。

そのため水を入れてぎゅっと絞ればシャワーのように
水を降らせることもできるという驚くべき性能もあり、
じょうろの代わりに植木などに水をやることもできます。

風呂敷はたくさんの結び方があり、お弁当やペットボトルを
包んだりバッグ状にしたり、おしゃれなラッピングにも
使えます。

ティッシュカバー

またティッシュケースカバーやファブリックパネルなど
インテリアのアクセントとしても利用できます。

撥水風呂敷は、今までの風呂敷の使い方以上に幅広い
シーンで使うことができる大変優秀で魅力的な商品です。

撥水風呂敷は伝統的な和柄にとどまらず、ポップで大胆な
デザインややさしい色合いのかわいらしいもの、さまざまな
モチーフを使ったものなどデザインの種類も豊富です。

男女問わず使えるためおみやげにぴったりです。

海外の方へおみやげとしても喜ばれる商品です。
贈る方の好みや生活スタイルを想いながら選ぶのも
楽しい時間です。

撥水風呂敷の豊富で優れた使い方を伝えながら
プレゼントしてみてはいかがでしょう。

コンテナカバーを風呂敷で個性豊かに

運ぶ

昔から物を包んで持ち運んだり、収納したりするために
使われてきた風呂敷。

現代ではより柔軟な使い方がされています。
そのひとつが、コンテナカバーとして使うという方法。

お花や観葉植物などが植えられた鉢を包んで、インテリアに
なじむオシャレなアイテムに変身させることができるほか、
個性的なギフトとしても利用できるでしょう。

植物が植えられている鉢を包むのは大変そうに
感じるかもしれませんが、コツをつかめば
それほど難しいものではありません。

以下の包み方は、さまざまな鉢のコンテナカバーに
使えます。準備として、風呂敷の角が手前に来るように
斜めに広げます。

その中央に鉢を置くのですが、水遣りをしたときに
染み出さないように鉢を覆う程度の大きさのビニールか
セロファンを敷き、その上に鉢を置くとよいでしょう。

まず、鉢の後部にくる角を、鉢の高さに合わせて折ります。
次に、左右の角を持って鉢の前で結びます。

視界に入る場所なので、結び目を綺麗に作りましょう。
その後、前方の角を引き上げ、結び目と鉢の間に通します。

鉢の高さに合わせて折り返し、結び目と鉢の間に挟みこみます。
ひだを綺麗に作り、全体的に形を整えれば完成です。

コンテナカバーに使う風呂敷は、和風の柄ものでも、
無地でも、現代的なものでも花によって合わせられます。

特に、コチョウランやデンドロビウムなどの洋ランとの
相性が良く、個性的なラッピング代わりに風呂敷を使い、
そのまま贈り物にしても素敵です。

ラッピング

アートな風呂敷で大容量バッグに

風呂敷は、元々銭湯に出向くのに、着替え一式を
包んで持って行くのに利用したものでした。

時代が下った現代の普段使い用のバッグのような
ものだったのです。

しかし、従来の物と違って、慶弔用のふくさとして
利用したり、お遣い物を持って行くのに包んで使う
高級な物となってしまいました。

しかし、風呂敷を日常的使いに適する入れ物として、
昔に戻すような動きが出てきています。

海外の方に取り上げられたり、若い方の感性で工夫
されたりして、結び方や持ち手等を工夫し、たくさん
物が入るバッグとして生まれ変わろうとしています。

バッグになる

リング状の持ち手に両端を結べばイチゴ型の袋にも
なりますし、革ベルトの両端にD型の金具が付いて
いる持ち手に、両端を挟み込めば、球形に近い
可愛らしい袋としても持ち歩けます。

例えば、テレビドラマや漫画などの影響で、緑の
唐草文様の風呂敷は泥棒が使う物として認知されて
いましたが、紺や黒、赤等の色にしたり、唐草文様を
小さめにしたりして、レトロモダンな雰囲気を醸し
出すようになっています。

結び方も、箱を包むように対角線上の頂点を中心に結ばずに、
平行に結び合わせて持ち手のように工夫し、肩にかけて
持ち運べるようになっています。

包む

シンプルな柄だけでなく、お祝いで用いられる
きらびやかな柄の物も、現代風に写真やCGでデザイン
された幾何学模様の柄も立体的に結んで持つだけで
お洒落なバッグになります。

最も用いられるサイズの約1m四方の物であれば、
普段は畳んで持ち歩き、荷物が多くなった時に
使えるのでかさばることもありません。

現代の生活に風呂敷をお洒落に取り入れる

風呂敷はシンプルでありながら、いろいろな使い方ができる
便利なアイテムでもあります。

どちらかというと古い時代のものという印象があり、
使ったことがないという方も多いでしょう。

しかし、シンプルで多様な活用方法ができるということが
現代の生活にぴったりで、しかもおしゃれに彩る
ということにつながっていきます。

まず、これまでと同じように荷物をくるんだりするという
形で利用してみましょう。

手土産

手土産などを包んで持ち歩けばオシャレです。
取っ手を結べばバッグになり、ファッションの一部と
しても活用できます。

さらに、シーズンオフの洋服などをまとめて包んでおき、
収納しておくという事もできます。

見た目がすっきりするうえ、ほこりなども
付きにくくなるというメリットがあります。

部屋の中で見えるところに置くのであれば、素敵なデザインの
風呂敷にしておけばインテリアのアクセントにもなります。

また、目隠ししたい部分にかけてしまい、
カバーしていくという使い方もできます。

また、必要なところにつるしてのれんのように使って
みてもよいでしょう。テーブルクロスなどとしても活用できます。

身につける

また、スカーフやストールのように身に着けて利用する
こともできます。

寒いときにはおって軽い防寒グッズとしても利用することが
できるでしょう。

このように、日常生活の中にオシャレに取り入れることが
できる風呂敷ですから、気軽にいろいろな使い方をして
楽しんでいきたいものです。