社会消費を維持しながら楽しむサステナファッション

持続可能なゴールを目指すSDGsが話題となっています。
ファッションにおいても例外ではなく、見た目や流行りだけの理由で廃棄されるものが多く、問題となっています。

そんな問題を解決するために考えられるのが、サステナファッションです。

何度でも使い続けられる風呂敷などもその中の一つです。いろいろな形に変化し、包み込むから結んだりくるんだりしていろいろな形の物に対応することができます。

エコバッグの風呂敷を持ち歩く

一つ持っているだけで、さまざまな場面で利用可能な点がマイバッグとは違った魅力があります。

またファッションに使われる材料を再利用する再生糸という考え方も、環境に優しい取り組みとして推奨されています。
着なくなった衣類を焼却するのでは、二酸化炭素の排出につながってしまう恐れがあります。

もう一度素材として生まれ変わらせることで、持続可能なファッションを楽しむことが可能となります。

シンプルな形の風呂敷は、作りやすく素材に依存しないためとても適したものと言えます。
防水加工が施してあれば、汚れても洗うことができるので安心です。

捨てることが少なくなれば、それだけ長い間利用することができるので、環境に優しい取り組みと言えます。

エコイスト風呂敷は再生糸利用で環境に優しい

エコイスト風呂敷は再生糸を利用した製品です。古くなったり、売れ残った衣類は燃やすしか処理方法がありませんでしたが、再利用という考えを取り入れることで、社会消費を維持しながら環境を守るという取り組みに役立つことができます。

また、ペットボトルなどを利用した糸で作り出すこともできるので、防水性に優れた強い素材で、長く使える製品を生み出すことが可能になります。

なんと言っても風呂敷の利用方法の幅広さが、更に使いやすく長い間使い続けるのに適したファッションと言えます。2つに畳んで物を包み、端を結ぶだけでエコバッグのように利用することも可能です。

風呂敷の変化

長いものでも巻きつけて包み紙の代わりとして利用する事もできます。
どのような形状のものでも使うことができるのが風呂敷の良いところで、使い方さえわかれば無限の利用方法が存在します。

エコバッグでは、入らないものが存在するので結局レジ袋をもらってしまうことに繋がります。
風呂敷はそのようなもったいない状況を解決できるアイテムです。

小さく畳んでおけば持ち運びにも便利で、じゃまになりません。
使いたいときに適当に形を替えることができるのでとても便利です。

納得できるデザインの選び方

レジ袋の有料化が進む中、改めて使い方を見直されてきているツールの1つが風呂敷です。

風呂敷には豊富なデザインがあり、選ぶ際には納得のできるデザインが見つかるまで迷ってしまう方も多いようです。

選ぶのに悩む

そんな風呂敷の柄を選ぶ際のポイントとして、「見立てる」という楽しみ方の意識があります。
一見柄としてまとまりがないように見えるデザインでも、結んでみることで色々な表情を見られる楽しさが風呂敷にはあります。

その表情を、絵画的に楽しんでどう見えるかをイメージしながら楽しむことができるのです。

そのため、デザイン選びに迷った際は、感覚的に心が惹かれると感じるものを選ぶのも良い方法です。
周囲の目を気にして色合いや模様を決めてしまう人もいますが、バッグなどの代わりとして使用するのは自分なので、直感的に好みに合うかどうかで選ぶことが最も重要だと言えます。

伝統的な見た目や人気のデザインであったとしても、自分の好みに合ってない場合は使っているときにワクワクした気分になることができません。

また、季節が感じられるものを選ぶこともおすすめです。
カラーやイラストによるバリエーションが増えているので、これらで季節が感じられるものを選ぶと、そのときに合った風呂敷を楽しむことができます。

季節ごとに使い分けることもできるので、楽しい気分になることができるはずです。

基本的にはこういった見立て方をすれば良いですが、迷うようであれば人の意見を参考にすることもおすすめだと言えます。
どちらを選ぶべきか迷う場合は、風呂敷を自分の身体に当ててみてイメージと合うかチェックしてもらうと、客観的に見て似合うものを選んでもらうことができるでしょう。

自分の意見に基づいた選び方がおすすめですが、迷ってしまう場合は周囲の意見を聞いてみるのもお勧めです。

使う様子を想像してみよう

上手く選ぶことができないと感じるのであれば、使う予定の場面から想像してみることも方法です。
服装や用途に合っていると風呂敷に対する満足度が高くなりやすいので、これを活用するときにどのような服でどのような目的で使用しているか想像してみたり、服のデザインと風呂敷の色合いが合わせやすいかどうかを意識するのも、ファッションとして楽しめるのではないでしょうか。

風呂敷の色と選び方

普段の服装がガーリーなものが多ければ、今風のファンシーなデザイン風呂敷を選んでもよく合います。
綺麗めやクールな恰好が多い場合は、落ち着いたものや洗練されたものが合うと感じるはずです。

お弁当や水筒を風呂敷で包む場合は、基本的に小さなサイズの風呂敷を使うので、派手な色や柄でもしっくりくることが多いです。

また、バッグの代わりなどに風呂敷を使う場合は、ファッション性も意識するため
選び方を間違えると派手すぎるという感想を抱くことになるかもしれません。

このように、それぞれの状況や目的ごとにマッチするかどうか考えてみると良いです。
購入前のもので試すことはできないので、想像力を活かすことが重要だと言えます。

具体的な自分や使い方を想像することができれば、自分に合うと感じる素敵な風呂敷を選べるはずです。
服装や使用する場所によってしっくりくる風呂敷は大きく違っていることを理解し、満足感の高いデザインを選ぶことができるようにしておくと、風呂敷選びで失敗せずに済みます。

風呂敷とファッション

風呂敷といえば、訪問先への贈答品を包んだり、
小さい物だとお弁当を包んだりすることを
想像される方が多いと思います。

風呂敷の一般的な使い方

和装で手に持つことが多いアイテムとして
昔から親しまれてきましたが、プラスチックの
ビニール袋が使われ出してからは、街中で見ることも
少なくなったのではないでしょうか。

しかし、近年では環境問題の観点から、
サステナブルなアイテムとして注目されるようになりました。

ただ単に包むだけではなく、生地感や結び方を
アレンジするだけで素敵なバッグになったり、
包装紙の代わりにプレゼントのラッピングに使えたり、
用途は多岐に渡ります。

また、日本ならではなものということで、
海外の方へのお土産に購入される方からも
人気が出てきています。

そこで、京都の風呂敷メーカーは現代のファッションと
掛け合わせるべく、さまざまな思考を凝らし
ファッショナブルなアイテムを数多く作り出しています。

伝統的なちりめん生地を生かしたシンプルなものから、
現代的で大胆なデザインのものまで、シーンや個性に合わせて
何枚でも欲しくなってしまうものばかりです。

中でも生地の染色自体にこだわったものは
特別なものとして長く愛用できると思います。

形にはまらないデザイン

「京都のれん」の風呂敷で生地がグラーデーションになっているものは特におすすめです。

和物としての独自の美しさに加えて、滑らかな素材感に
透き通るような色のグラーデーションはとても鮮やかで、
他では見つけられない魅力が詰まっています。

グラデーションのある風呂敷

京都のれんの店頭に並んだ商品をみていると、
「何だか持ちたくなる」オシャレなものが
ずらりと並んでいて、使い方を想像するだけで
ワクワクが止まらなくなります。

ご自身で身につけているワンピースや洋服などに合わせても、
ファッションのアクセントになりますし、どんなシーンに
身につけていっても、視線や話題を集めることになってしまいそうです。

デザインの可愛さから、ファッションだけでなく
家の中の一部の彩りにも使用でき、ブックカバーや
テーブルクロスに使用しても華やかに可愛らしく
存在感を出すことができます。

そんな、京都のれんの風呂敷はデザインに対するこだわりも
力強く持っていて、全国から集まった、様々な新しいクリエイターとともに
型にはまらないデザインを作り出しています。

デザイナーそれぞれの個性が光っていて、より自分にあった物を見つけることが出来るのではないでしょうか。

京都のれんのりんご柄の風呂敷で運気アップ

リンゴフラワサンシャインイエロー

京都のれんの商品の1つに「リンゴフラワサンシャインイエロー」と
いう洋柄の風呂敷があります。※オリジナル風呂敷kyofuroshiki.comはなんと1枚~ふろしき製作京都のれん株式会社

文字通り赤いりんごが花束のように描かれており、8個のりんごを
縁取るコーラルピンクの花々と緑の葉が華やかな印象を与えます。

風呂敷の色合いはサンシャインイエローもとい淡い黄色で、よくよく
見れば蝶々が羽ばたいているのが特徴的です。

手書きならではの優しいタッチが感じられるこの風呂敷は幸運を招く
よう、かなり考えられています。

りんごは運気をアップさせるシンボルで、尚且つ8個という数字は
縁起が良い数字として親しまれているのです。

リンゴフラワサンシャインイエロー

おまけに周囲を飾る花々と蝶々はそれぞれにそれぞれの意味を
持っており、花々は生命力を、蝶々は美と愛を示しています。

生地の黄色は全体的な明るさをアップさせるだけでなく、
前向きな気分にさせる効果が見込まれている事もこの風呂敷には
込められているのが実際のところです。

ぱっと見ただけでも華やかな代物ですが、こうした縁起が
徹底的に込められた品であれば日常使いだけでなく、贈り物にも
適しています。

風呂敷には縁起を込める事が一般的で、その役割は主に和柄です。

しかしこのように洋柄でも相応の意味合いを込められる事は汎用性が
高まるため、消費者にとっては嬉しい限りと言えます。

杉田扶実子さんとはどのような人か

風呂敷を専門的に扱う通販ショップ「京都のれん」、そんな
京都のれんの品である「リンゴフラワサンシャインフラワー」の
デザインには杉田扶実子さんが関わっています。

杉田扶実子さんは京都府で活動していたものの、現在はイタリア
など国外を拠点にしている作家で、その活動は「工房SEED」と
いうサイトで確認が可能です。

製品や企画など様々な活動をしていますが、アイテムとしては
Tシャツが代表的です。

手がけている商品

白、もしくは灰色など他の色の無地のTシャツに、和柄ならではの
独特な筆さばきが感じられる絵が施された品は女性でも着用できます。

他にもタンクトップやジーンズ、パーカーなどに和柄を施す事が
可能です。

「工房SEED」では風呂敷は扱っておらず、あくまでも風呂敷を
購入する場合は通販ショップからとなります。

なお杉田扶実子さんの活動は絵画の創作や製品のデザインの提供、
さらには個展の開催だけでなく、伊藤英明さんと佐藤浩市さんが
共演した映画「スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ」の美術製作や
有名なバンドのドラムのイラストなど多岐にわたっているのが
特徴的です。

現在も杉田扶実子さんが描いた絵の品が購入できます。