アートな風呂敷で大容量バッグに

雰囲気を醸し出す風呂敷は、元々銭湯に出向くのに、着替え一式を
包んで持って行くのに利用したものでした。

時代が下った現代の普段使い用のバッグのようなものだったのです。

しかし、従来の物と違って、慶弔用のふくさとして利用したり、
お遣い物を持って行くのに包んで使う高級な物となってしまいました。

しかし、風呂敷を日常的使いに適する入れ物として、
昔に戻すような動きが出てきています。

海外の方に取り上げられたり、若い方の感性で工夫されたりして、
結び方や持ち手等を工夫し、たくさん物が入るバッグとして
生まれ変わろうとしています。

リング状の持ち手に両端を結べばイチゴ型の袋にもなりますし、
革ベルトの両端にD型の金具が付いている持ち手に、
両端を挟み込めば、球形に近い可愛らしい袋としても持ち歩けます。

例えば、テレビドラマや漫画などの影響で、緑の唐草文様の風呂敷は
泥棒が使う物として認知されていましたが、紺や黒、赤等の色にしたり、
唐草文様を小さめにしたりして、レトロモダンな雰囲気を
醸し出すようになっています。重宝される

結び方も、箱を包むように対角線上の頂点を中心に結ばずに、
平行に結び合わせて持ち手のように工夫し、肩にかけて
持ち運べるようになっています。

シンプルな柄だけでなく、お祝いで用いられるきらびやかな柄の物も、
現代風に写真やCGでデザインされた幾何学模様の柄も
立体的に結んで持つだけでお洒落なバッグになります。

最も用いられるサイズの約1m四方の物であれば、
普段は畳んで持ち歩き、荷物が多くなった時に
使えるのでかさばることもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)