風呂敷とファッション

風呂敷といえば、訪問先への贈答品を包んだり、
小さい物だとお弁当を包んだりすることを
想像される方が多いと思います。

風呂敷の一般的な使い方

和装で手に持つことが多いアイテムとして
昔から親しまれてきましたが、プラスチックの
ビニール袋が使われ出してからは、街中で見ることも
少なくなったのではないでしょうか。

しかし、近年では環境問題の観点から、
サステナブルなアイテムとして注目されるようになりました。

ただ単に包むだけではなく、生地感や結び方を
アレンジするだけで素敵なバッグになったり、
包装紙の代わりにプレゼントのラッピングに使えたり、
用途は多岐に渡ります。

また、日本ならではなものということで、
海外の方へのお土産に購入される方からも
人気が出てきています。

そこで、京都の風呂敷メーカーは現代のファッションと
掛け合わせるべく、さまざまな思考を凝らし
ファッショナブルなアイテムを数多く作り出しています。

伝統的なちりめん生地を生かしたシンプルなものから、
現代的で大胆なデザインのものまで、シーンや個性に合わせて
何枚でも欲しくなってしまうものばかりです。

中でも生地の染色自体にこだわったものは
特別なものとして長く愛用できると思います。

形にはまらないデザイン

「京都のれん」の風呂敷で生地がグラーデーションになっているものは特におすすめです。

和物としての独自の美しさに加えて、滑らかな素材感に
透き通るような色のグラーデーションはとても鮮やかで、
他では見つけられない魅力が詰まっています。

グラデーションのある風呂敷

京都のれんの店頭に並んだ商品をみていると、
「何だか持ちたくなる」オシャレなものが
ずらりと並んでいて、使い方を想像するだけで
ワクワクが止まらなくなります。

ご自身で身につけているワンピースや洋服などに合わせても、
ファッションのアクセントになりますし、どんなシーンに
身につけていっても、視線や話題を集めることになってしまいそうです。

デザインの可愛さから、ファッションだけでなく
家の中の一部の彩りにも使用でき、ブックカバーや
テーブルクロスに使用しても華やかに可愛らしく
存在感を出すことができます。

そんな、京都のれんの風呂敷はデザインに対するこだわりも
力強く持っていて、全国から集まった、様々な新しいクリエイターとともに
型にはまらないデザインを作り出しています。

デザイナーそれぞれの個性が光っていて、より自分にあった物を見つけることが出来るのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)